FC2ブログ
♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記
5月生まれの子犬たちは全頭予約済みになりました。次の出産は10月以降です。
ゴマ・パイ、元気に成長中!
こちらはすっかりご無沙汰ですみません。
海に捨てられていた子犬たち、ゴマとパイ、子犬らしくすくすく成長中です(^-^)





だんだん動きも活発になってきて、いろんな物を見て知って、他の犬にも慣らせるべき社会化の時期。

いつも日中は朝・昼・夕と山羊のカエデにおっぱいもらうのですが、今日はあえて他のワンコたちが放れて遊んでいるときに子犬たち連れて行ってみました。

ニコ・シロ・ツッキーが大騒ぎ!
ナナ・ミルキー・ハッピーは近寄らず。

子犬たちを熱烈大歓迎するニコたちの動画です。



早くいっしょに走り回って遊べるようになるといいなぁ。
スポンサーサイト


一時預りっ子
新入りです!
たぬきみたいですが子犬です。



19日に海辺に捨てられていたのを保護されました。
まだ乳飲み子なので、成犬の保護犬で手一杯な保護団体さんがボランティアを募集されていて、うちでしばらく預かることになりました。

たぶん日本犬雑種、生後2週間くらいの女の子です。
いつもラブラドールサイズの子犬ばっかり見ていたので、すごく小さく感じますが、よく太っていてズシッと重いです。



とても元気な子で、力強くミルクを吸っては眠り、ぐんぐん大きくなってきていますo(^▽^)o



胸元にギリシャ文字のパイ(π)みたいな模様があるので呼び名は「パイ」です。
パイちゃん用のブログを立ち上げました。
詳しいことはこちら(↓)をご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/chikostaff2/

同じ場所に一日早く捨てられていた、たぶんパイの姉妹犬たち3匹も、東京のボランティアさんが預かってくださっています。そちらのブログ↓
http://home-3.com/happytails/

パイがひとりぼっちでは良くないので、来週になったらそっちの3匹のうち1匹うちで引き取る予定です。
楽しみだわぁ♪




ジャムはまだパイの存在が気になった仕方がなく、パイが起きてる間中バタコンバタコン騒いでますが、ガオはすんなり受け入れて、穏やかに見守ってくれてます。ガオ君、本当に良い子!



クレアは良い子!
クレアちゃん、初めての夜も全く鳴いたりせずおとなしくよく眠っていました。

二日目の今日は、朝のお散歩でトイレをすませ、昼間は自分のサークルの中で、これまたおとなしくしていました。

午前中に動画撮ってもう一つのブログにアップしましたが、どこを触られても嫌がらないし、温和な子ですねえぇ。おすわり、お手、伏せなどは、ちゃんとできます。だいぶ表情が和らいできた感じがします。

夕方、他の犬たちと一緒にドッグランで遊ばせてみましたが、すぐに馴染んでボールをナナと一緒に追いかけてました。うれしそうに走り回ってましたよ。

クレアの動画や画像はチコスタッフの日記の方に載せてありますので、ぜひご覧ください。


おまけ

今日のニコとシロ。
布団ハタキのブラシ、把手がとれちゃったのをオモチャに…

2匹でハミガキしてるみたい(^ ^)


クレア来ました!!
昨日会いに行ったクレアちゃん、今朝保護主さんが送ってきてくれました。

おとなしくて本当に良い子です(*^_^*)


家の中ちょっと模様替えして、クレア用にケージをもうひとつ置いて、そこにどうかな?と思ったんですが、
玄関でニコ・シロの大歓迎にビビってしまって、家の中まで入れない(>_<)

これじゃあ落ち着けなくてかわいそうなので、とりあえずリビングの軒下の空いている屋外サークル(1.5畳分)に入れて様子を見ました。そこが気にったみたいで、すぐ落ち着いて横になったし、意外と外のワンコたちも見えるところなのにお互い騒がないで静かにしてるので、このままお外でいいかな、と。
いちおう日よけはあるし、風通しいいし、いつでも覗けるし、狭いけど他の犬から干渉されなくて、楽かな・・・
ということで、お外にいます。


保護主さんのところでは、玄関前の道路に面した狭いスペース、南向きで日がガンガン当たる場所に置かれてたみたいです。赤ちゃんがいるから、家の中には入れられないって。(・.・;)
少なくとも1ヶ月はその状態だったわけで、いちばん暑い時期に、よく耐えたね、クレア!


前の飼い主さんが持っていた書類を一式いただきました。
2008年8月12日生まれ、4歳になったばかりです。
ちゃんと血統書もあって、「BROOCH OF MISTER PURIN JP」という登録名です。

もとの飼い主さん(40代後半・男性)は、きちんと管理されていたみたいで、ペットショップで購入したときの書類から、毎年のワクチン接種の証明書もちゃんと保管されてました。
6種混合ワクチンを2011年4月30日に接種、狂犬病ワクチンを2011年11月5日接種済みです。

もう1匹黒ラブのオスと一緒に飼われていたようです。
去年の2月か3月に出産経験があります。その時も動物病院で診ていただいた書類とか残してありました。

ただ、鑑札がなくて役所への登録がどうなっていたのかがわかりません。
今日、もとの住所の市役所に電話してみたのですが、全然つながらなくて、変だな?と思ったら今日は土曜日でしたね(~_~;) また来週かけてみます。


気になるマズルの傷あとですが、口輪の跡というよりは細いひもか針金のようなもので、二回り縛られていた跡じゃないかと思います。保護主さんは子供のころの傷、とおっしゃってましたが(あまり犬にはくわしくない方のようでした)、どう見ても最近の傷で、一部は傷がふさがって毛が生えてきてます、白髪ですが。鼻の上部は傷が深かったみたいで、くっきり跡が残ってます。

他に傷はないし(ひじに座りダコがありますが、新しいので、保護されている間にできたものでしょう)、毛なみも良くてよく管理されていた様子なので、たぶん飼い主さんが亡くなったあと、だれかが無理やり制御しようとして縛ったのかしら・・・??
真相はわかりませんが、クレアの性格に影響するほどのことはなかったみたいで、少しもひねくれたところがなく人をきらったり怖がったりする様子もなく、穏やかな子です。

性格はいたって温和、今日の夕方お散歩したときも全然ひっぱらないで人の歩く速さで歩いてくれて、子供でもお散歩できるくらいです。トイレはお散歩時に外でします。

ほとんど声も出さず(声はちゃんと出ますよ、ニコたちがしつこくじゃれてた時にワン!って大きく吠えました)無駄に吠えたり鳴いたりしないし、ガチャガチャ暴れたりもしないので、いるかいないかわからないくらいおとなしいです。

今日は初めてだし、クレア1匹でお散歩して、他のワンコたちとは別行動にしましたが、他の犬たちを散歩に出すときも全然吠えたり要求したりしなかったです。

以前はどんな生活をしていたのかしら・・・
クレアにとっては、静かな環境でのんびり暮らせた方がいいのかな?
神経質なところがないので、1匹だけでも、2・3匹一緒でも、どちらでもうまくやっていけそうです。

8月いっぱいくらいは、うちで養生して(やせてはいませんが、少し筋肉落ちてる感じします)、クレアを笑顔にしてくれるような里親さんを探そうと思います。
どうぞご協力お願いいたします。




Copyright © ♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記. all rights reserved.