FC2ブログ
♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記
ラブラドゥードルの次の出産は3月下旬から4月中旬にかけて3胎予定しています。ゴールデンドゥードルは4月下旬予定です。
ひめの近況
ハッピーとガオの子で、一昨年の11月生まれのひめ。




生後3カ月の時、2回目のワクチンの時の検診で、心雑音が認められて、譲渡を取りやめてうちに残して経過観察していました。心雑音は相変わらずあるのですが、日時生活には全く支障なく、他の子たちと一緒に走ったり遊んだりして気ままに過ごしています。詳しい検査をしなければ、と思いながらも、元気なのでついついそのままにしてしまっていました。

最近、子犬についてお問い合わせくださった方が、大きくなった子でもいいとおっしゃったので、ひめのことをお話ししたらとても気に入ってくださり、精密検査をして問題がなさそうだったらぜひ里親に、というお話になりました。

それでようやく、いつもの動物病院より設備の整った病院の予約を取って精密検査してきました。

ハッピーの子は車に酔いやすい傾向があるのですが、ひめは大丈夫で、車で30分の病院まで全然酔わずに助手席でお座りしてました。



待っている間も静かにしていたし、検査中もとってもおとなしくてお利口でしたよ!と先生に褒められました。

検査の結果、病名は大動脈狭窄。心臓から全身に血液を送り出す大動脈の入り口のところが狭くなっていて、そこを血液が通るときに狭くなっている分勢いがついてシュッ、シュッという心雑音が出るのだそうです。

血液を送り出すのに心臓は平静時でもかなり頑張っているので、激しい運動は禁忌、ドッグランだと走ってしまうので走らせないようにと言われました。
避妊手術も麻酔が心臓に負担をかけリスクが高いのでできないそうです。
今まで普通にしていたのに突然死になることもあって、短命になることが多いそうです。

治療は外科手術以外になくて、かなりリスクの高い手術でできる病院も数少なく、実際にはほとんど行われてないみたいです。
生まれつきの奇形によるものなので、お薬による治療はあまり効果がないそうです。

結論として、静かに穏やかに生活して、心臓に負担をかけないようにするしかないということです。


里親希望の方は、陸送は難しい地域にお住まいで飛行機輸送が前提だったのですが、大動脈狭窄とわかった以上飛行機輸送はできません。また、冬はとても寒くなる地域なので気候による心臓への負担も大きいかもしれません。

いろいろ考えて、ひめの里子のお話は白紙に戻し、最初のお問い合わせに戻って、新しく生まれる子犬をお待ちいただくことにしました。


ということで、ひめは今まで通りにうちで自由気ままに過ごしていくと思います。

でも、まだ若いし、性格はとっても穏やかで誰とでも仲良くなれる本当に良い子。リードつけてお散歩もべつに教えてないけど自然にリーダーウォークができて引っ張ったり前に出たりしないから小学生くらいのお子さんでもお散歩可能です。
体重11kgくらいで扱いやすいサイズ。もう成犬だからこれ以上大きくなりません。抜け毛は季節によって多少ありますが、ゴールデンとシェルティのハーフのハッピーお母さんよりはずっと少ないです。

ひめの現状をご理解いただけて、静かに暮らせる環境で、陸続きでうちからあまり移動距離が長くないお宅であれば、里子に出すことも考えています。

心臓に爆弾抱えているようなもので、あまり長生きできないかもしれないし、意外と長生きできるかもしれない、わかりませんが、こんなひめを受け入れてくださる方いらっしゃいましたらご連絡ください。



スポンサーサイト


バブ君の新作
今朝いつものようにジップを見てたら、新しい映画の予告をやっていて、猫が主役なんだけど犬も出てる、ん?これは…!

はい、バブ君の新作でした!

「旅猫リポート」の虎丸役で出演してます♪

公式サイトにドッグトレーナーとして宮忠臣さんの名前がありましたし、共演の大野拓朗さんのコメントにも、バブがかわいかった、とありますから(公式サイト最新情報6月21日)間違いないと思います。

http://tabineko-movie.jp/sp/#/boards/tabinekokansou

バブはうちで生まれたラブラドゥードルF1(ラブラドールレトリバーとスタンダードプードルのミックス)で、宮忠臣さんというドッグトレーナーのもとで訓練されて、今までに

・「三匹のおっさん2」第3話 ジャック役
・水曜ミステリー9「軽井沢駐在犬日誌」ピース役
・映画「クリーピー 偽りの隣人」マックス役
・日曜プライム ドラマスペシャル『復讐捜査~警察犬と刑事の殺人追跡行~』バブ役
・ミュージカルアニー サンディ役

など多数出演しており、演技力には定評があります。

前回の映画クリーピーがちょっとストーリーが怖くて子どもには見せられない内容だったけど、今度は家族そろって見に行けますね!

楽しみです!



ちなみに最近石田ゆり子さんのクリームのCMやユニクロのセーターのCMに出ているドゥードルは、動物プロダクションに所属しているオーストラリアンラブラドゥードルです。当犬舎出身のタレント犬は、今のところバブ君だけです。


ボンちゃん、つわり
ご無沙汰です。

今、自宅の外壁と屋根の塗装工事が始まって、ビニールで目貼りされた中で暮らしております。

塗装工事に先立って、DIYで庭にいろいろ建ててあった物置やらひさしやらをすべて撤去して、中にあった16年分の蓄積を分別して捨てるものは思い切って捨て、とっておくものはユニットハウスの中に一時保管して、庭に敷いてあった平板もドッグランの方に移動させて…とバタバタしていました。ああ、もっと簡素にしなきゃ!

まだまだちゃんと片付いてはいないけど、とりあえず自宅の庭は更地に戻し塗装工事ができる状態にしました。犬用ユニットハウスがたいへん重宝しております♪先に買っておいて良かった!


そんな中、先週は交配して3週間経ったボンがつわりの時期で、全然食べてくれなくて心配しました。
元気はあるけど一向に食べてくれなくて。
いつもはドライフードだけで食べてくれるのに、匂い嗅いだだけでプイ!
缶詰にしたら食べてくれたけど翌日にはプイ!
別の種類の缶詰に変えたら1日は食べてくれたけどすぐ「いらない!」って。
ふやかしたフードもだめ。ジャーキーもダメ。
鶏ささみのふりかけはなめてくれたからささみ茹でてあげても1本くらいしか食べないで残すし、豚肉も牛肉もレバーも試したけどほとんど食べてくれない。
もうどうしたらいいの?って絶望的になった昨日から、急に食べ始めました!ドライフードはまだ残すけど缶詰は完食❗️やったー!良かったー!!トンネル抜けました❗️



お腹も心なしか膨らんできた感じ。
無事に元気な赤ちゃん育ってね~❣️


カペリーニ →マイ
5月に生まれたツッキーの子で、生まれつきの背骨の奇形があったため経過観察でずっと手元に置いていたカペリーニ。同じツッキーの子のメイちゃん(幼名マニケ)の飼い主さんからお声がかかり、今日里子にもらわれて行きました。



メイちゃんの遊び相手にもう1匹迎えたいとおっしゃって、カペリーニの現状をお話ししたら、今すぐに命にかかわるようなことがないようなのでぜひ迎えたい、とおっしゃっていただけました。

カペリーニ、土曜日に再度レントゲン検査受けてきましたが、背骨の曲がりは前回と変わりなく、今は後ろ脚少し引きずる程度で他は不自由なく元気に過ごしています。将来神経に影響して脚の麻痺が進んだり、自力排泄が難しくなったりする可能性はないとは言えないし、一般的に背骨の奇形のある子は短命だと言われているので、不安要素はあります。それでも生きている間精一杯可愛がってあげられれば、と積極的にとらえていただけたので、メイちゃんの飼い主さんに託すことにしました。本当に頭の下がる思いです。

近県なので、何かあったらすぐに対応できるし、飼われている環境も広々していつも誰かに見ていてもらえる場所なので、安心してゆだねられます。

メイちゃんも一緒に迎えに来てくれて、最初はちょっと引いてましたがじきに慣れて「遊ぼう!」って前脚をちょいちょい出して誘ってました。きっとすぐに仲良く遊ぶようになりますね!
どうぞよろしくお願いいたします。







Copyright © ♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記. all rights reserved.