FC2ブログ
♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記
10月5日ラブラドゥードルF1出産しました❣️
残留組、ワクチン
生後4か月過ぎましたが、家に残す予定の”ラミー”改め”ボン”と、”クリ”改め”グー”のワクチン接種に行ってきました。

ボンちゃんは、欠点のない良い子。


グーちゃんは、まったりおっとり。いい味出してます。


ふたり合わせてボン・グー。
フランス語で、Bon gout=「美味しい味」とか「良い趣味と」いう意味。
洋菓子屋さんみたいな名前だけど、呼び易くて雰囲気もぴったりだと気に入ってます。



ところで、ワクチン注射、いつ何回打つべきか、判断に迷うことの多い問題です。

普通、生後2か月前後に1回目、その後1カ月おきに2回目、場合によっては3回目くらいまで打つように勧められるけれど、母親からの免疫が消える前に接種しても効果はないため、あまり早く打っても”捨て打ち”になります。

移行免疫は、生後約5週間目くらいから徐々に減少し始め、12~14週間目くらいでほぼ消滅すると言われています。生後3ヶ月まで感染する危険がない環境なら、生後3ヶ月ごろ1回目、その後1カ月後に2回目で妥当だと思います。

ボン・グーは、もう生後4か月なので、獣医さんからも、「次は1年後ですね~」と言われました。
11月に1回目を打った他の子たちも、今月下旬に2回目を打てば1年目は終了、次は1年後、でいいと思います。

今回の子犬たち、私の業の登録が遅くなって結果的に生後3ヶ月以降の譲渡になりましたが、子犬たちの成長具合を見ていると、このくらいまで親元に置いておいた方がいいな、と思っています。ラブラドールやゴールデンだと、さすがに大きさが子犬らしからぬサイズになっちゃうけれど、ミディアムサイズのこの子たちは生後4か月でもまだ体重6~7kg。ラブの子犬の生後2か月サイズ。人間の赤ちゃんくらいで抱っこしたときの重さがちょうどいいです♡


先週新しいお家に行ったチョコちゃんの飼い主さんからメールが届きましたが、トイレの失敗もほとんどないし、夜鳴きもしないし、立派にやってます、ということでした。お子さんたちとも仲良く、可愛がられているそうです。そんなに手がかからないのにぴっくりしています、とのこと。生後2か月で離していたら、もうちょっと手がかかってたかもだけど、ちょうと良い時期だったかな。

犬の生後2か月は人間では3歳、犬の生後3か月は人間では5歳に相当するそうです。幼稚園の年少さんと年長さんくらいの違いがあるわけで、ちゃんと教育してもらえる環境にいれば、5歳の方がはるかに聞き分けよく扱い易くなっているはずです。世の中のブリーダーの大半を占める繁殖屋さんたちは、なるべく早く手放そうするけど(そういうところでは長く置いておかれると子犬にもよくないけれど)、うちはゆっくりやっていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する






Copyright © ♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記. all rights reserved.