♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記
ラブラドゥードル、ゴールデンドゥードルの子犬たちの成長記録です。春生まれの子犬はすべて予約済みです。次の出産は10月以降の予定です。
子犬ウェイティングリスト
昨日の交配報告の記事を見て、さっそく数名お問い合わせいただきました。ありがとうございます。

去年の春のニコ×ガオの子たち(↓)を見て、こういう子が好みです!という方が今までにも何人かいらして…




現時点でお待ちいただいている方のリストをざっとお知らせしておきます。


〈ブラック希望〉の方が6名

①ポルカ似の女の子
②ルンバ似の小さめの子
③ラブ似で15kg以下の女の子
④ラブの顔をしている女の子
⑤ワルツ似の女の子
⑥ラブ似の大きめの子


〈イエロー系希望〉の方が6名

①大きめで白っぽい女の子
②小さめでうす茶系の男の子
③小さめで白っぽい女の子
④アサリみたいな子
⑤ミニチュアサイズでカールが少なめの子
⑥小さめのラブ似の女の子


(ブラウン希望〉の方が2名

①小さめの女の子
②ピグモンの子


〈色指定なし〉の方が2名

①小さめの女の子、来年の春から飼い始めたい
②ブラウンかクリーム系の毛色で、カーリーヘアの女の子


今のところ合計16名ですが、ピグモンの子は今回は見送りになりましたし、春から飼い始めたい方には、来年になってから生まれるシェリの子でも良いかもしれないし、待っている間に状況が変わって飼えなくなる方も時々いらっしゃるので、実際はもう少し少ない人数になると思います。

お待ちいただいている方には出産後早めにご連絡してご意向をうかがい、お好みの子犬がいたら優先的にお選び頂けるようにします。ご連絡待ちリストに加えるのに料金はかかりません。実際に見学に来ていただいて実物を見てご予約いただくまでお金はかかりませんので、お気軽にお問い合わせください。

ニコ×ガオではイエロー系は2~3匹しか生まれないので、ツッキー×ガオに期待したいところです。ツッキー×ガオがうまく行けば、小さめのイエロー系の子が4~5匹生まれてくれる可能性があるのですが、どうなることやら…。


意外にもラブラドール似の子犬を希望している方が多いです。ほとんどの方が以前ラブラドールを飼っていて最期まで看取った経験があって、次はもう少し小さくて毛が抜けない子がいい、でも性格や頭の良さはラブラドールみたいな子がいい、という方ばかり。やっぱりラブラドールやゴールデンを飼ってしまうとただ可愛いだけの小型犬では満足できないですよね。

それでも自分も歳を取って行くし、これからもう一度大型犬を飼うのは体力的に難しい。老後の介護のことまで考えると、一人で抱きかかえられるくらいの大きさで、抜け毛も少ないと助かる。
…そういう希望の方が本当に多いです。ワルツやポルカの写真を見て、以前飼っていた黒ラブにそっくり❣️と、今度こういう子が生まれるまで待ってます!という方もいらして、犬に求めるものが細分化しているなあ、とつくづく思います。

F1のニコより純血のラブラドールのシェリの子の方がよりラブラドールの血が濃いわけで、来年シェリとガオならポルカやワルツみたいな子がたくさん生まれてくれるかな、と期待しています。シェリ×ガオだと、ブラックとブラウンが半々の見込みです。シェリは純血ラブラドールなのに、ニコより一回り小さくて、体重17kgのミニラブです。ラブ似にこだわりのある方は、可能ならシェリの子をお待ちいただけるとうれしいです。



今日は交配お休みの日。明日、ボン×ジャンの2回目とツッキー1回目にチャレンジします!
関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © ♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記. all rights reserved.