♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記
ラブラドゥードル、ゴールデンドゥードルの子犬たちの成長記録です。かわいい子犬たち生まれました!
名前はまだない
ビション君、馴染むのは早くて初日からでかい顔をしていましたが、徐々にかわいいだけじゃない困った子ちゃんになりつつあります。

こんなかわいい顔してね~



オシッコあちこちひっかけるは、他の犬のケージの中でウンチするは、遊びに興奮して人の手も噛むは、ドアやら敷居やらかじるは、横になっている人間の頭踏んづけて進むは…もうわけわかりません!!
ただの大きなマルチーズ(過去にうちで飼ったあまたの犬種の中でマルチーズが一番しつけが入らなかった)なのか??いやいや、そこまで酷くはないけれど。


迎えに行った車の中で可愛くて可愛くて😍とメロメロだった娘も、一目惚れから我に返って一晩で、いやその日のうちに冷めたみたい。そうよ、子犬じゃなくてちょっと大きくなった犬を飼うのはそんなに甘くないのよ。



まあ、まだ3日だからもうちょっとしたらマーキングもおさまると思います。今までサークルの中で半分トイレ・半分寝床にしていたそうなので、オープンなトイレ場所は落ち着かないかなあ。試行錯誤しています。

あとは人間との関係性の問題。人馴れしているけれど、きちんと叱られたことがないみたいで、悪いことしたのを怒るとものすごくびっくりして、シュンとして引いてしまいます。まだまだ人間との関わり方がよくわかってないので、日々教育です。


名前も怪獣の名前でいいんじゃない?ってことで、ウーとかジャミラとかも候補に上がっております。でもまだピンとくるのがなくて…





よそから子犬を迎えると、うちの子たちがものすごくお利口に見えて、特にゆずが良い子過ぎて愛おしいです。ピグモンとモコモコもよそから来たけど生後3カ月ごろで、もともと性格の良い子だったからうちの子たちと同等。3匹いても全然手がかからないし意思の疎通ができてストレスがありません。

そこに外からの子が入ると、なんでこんなことするの?なんでこんなことわかんないの?おバカなの?ってうちの子たちとのギャップに驚きます。
ポンポンもオリゼーもシェリもそうでした。でも時経つうちにみんなだんだんわかってきて、心の距離が近くなって、一緒にいてリラックスできるようになります。

1歳半でうちに来たポンポンは、最初は手を伸ばすと逃げて触れなかったのに、2年過ぎた今はもうべったり甘えてくる、すっかりうちの子。シェリはもうすぐ半年、オリゼーは1年、ふたりともいろいろハチャメチャだったけど、だいぶ犬らしくなりました。顔の表情が以前と全然違います。

ビション君も、まだまだ若いし教えればわかる子だから伸びてくれるでしょう。




…そう言えばガオも1歳半でうちに来たけれど、トイレはすぐ覚えたし、性格はお花丸だし、な~んにも問題なかった!ガオちゃん、最高‼️
関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © ♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記. all rights reserved.