FC2ブログ
♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記
5月生まれの子犬たちは全頭予約済みになりました。次の出産は10月以降です。
3匹ワクチン、シェリ子たちすくすく
ミルキーの子たち、残る3匹のワクチン接種に行ってきました。

今回はだれも車酔いせず!



診察、注射も全然動かず、じっとしていい子でした。

しいたけ 4.15kg


ナチョス(しめじ)3.60kg


なめこ 3.55kg


ナチョスは今週金曜日に空を飛んで愛知県に行きます。あとの2匹はもうちょっと先。まだまだお母さんと一緒にいられるよ。


さて、シェリの子たち、まあ育ちが良いこと!
ずっしりコロコロです。体重計るのもキッチンスケールじゃ小さくなって、8kgの上ざらてんびんに替えました。動いちゃって針が止まらなくて、読み取れないので、かなりアバウトな数字です。

《 チョコ♀》
ビスコ(紫)0.64kg
ビッテ(ピンク) 0.60kg
ポッキー (黄色)0.64kg


《 黒♂》
ボルト(グレー) 0.60kg
サンダー(水色) 0.58kg
トッポ(ベージュ) 0.50kg


《 チョコ♂》アポロ(こげ茶色) 0.66kg
《 黒♀》 チロル 0.54kg
《 イエロー♀》 エリーゼ 0.56kg



おチビの小枝ちゃんも、みなさんからご声援いただいて、少しずつですが成長しています!まだキッチンスケール。

《 チョコ♀》小枝 235g


2時間おきにお腹すいた~!と鳴き出して、ミルクを勢いよく胸まで飲んで、オシッコ、ウンチしてまた寝るというのを繰り返してます。

一人で全部世話するとなると、夜間も2時間以上続けて眠れないのは辛いですが、娘が哺乳瓶で飲ませるコツを習得して、夜中私が寝ていてもミルクを飲ませてくれるようになったので助かってます。なにしろ娘は高校を卒業して大学入学までの、人生で一番ひまで長~い春休みを謳歌中。夜間の授乳を担当してもらい二人で分業で世話をしてます。

ここ数年は、ミルキーの子のミミちゃんや、ツッキーの子のこまちみたいに、こうやって1匹だけ小さい子にミルクをあげてもだんだん弱っていくばかりで、残念な結果が続いていたので、娘にとっては自分の手でミルクを飲ませている赤ちゃんが元気に成長しているのを体感するのは初めてのこと。

私もずっと昔のチョコラブのラッキーや5年前の海に捨てられていたおはぎシスターズ以来です。ラッキーの時は娘はまだ1歳だったし、おはぎシスターズのゴマ・パイはよく覚えているけど、途中から山羊のお乳で育ったから、100%人の手で育てるのは娘は初体験。もうメロメロです。ミルク飲んだあと、手の上で寝ちゃったりするともう幸せの絶頂。すっかり母親気分に浸ってます。

よく見たら左の耳たぶが変形していて、傷跡もないし生まれつきかな?もう少し大きくならないと、ほかに健康上の問題があるかどうかわからないですが、いずれにしろ小枝は販売はしないことにしました。すっかり情が移ってしまって、小枝が大きくなったら一緒に自分のベッドで寝る!と宣言している犬バカな娘が手放しません。

山羊でさえ、人工哺乳で育てたカツオのかわいらしいこと!ましてうちの犬の子で、こんな風に自分の手で育てたらどれほどいい子になるか。娘にとっては、過去最高のお利口でかわいい子になるに違いないので、好きにさせようと思います。

ほかの9匹の健康優良児たちは、今までにお問い合わせいただいた方から見学のお申込みをぼちぼちいただいています。目が開いて、個性がはっきりするころ、今月の下旬くらいが見学されるにはいい時期かと思います。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。


関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © ♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記. all rights reserved.