FC2ブログ
♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記
5月生まれの子犬たちは全頭予約済みになりました。次の出産は10月以降です。
2匹ずつ
今週は子犬たちのお引き渡しが続きます。

まずは月曜日、グーの子のスグリ→チビタとツッキーは子のラビオリ→ジローの2匹が、親御さん世帯と娘さん世帯に引き取られていきました。お家は別々だけど、ちょくちょく会えるし、先住のワンちゃんもいて寂しくないでしょう。良かったね!



火曜日は、グーの子のクルミ→フムスと、ツッキーの子のエルボ→クミンの2匹が同じお家に引き取られていきました。こちらも先住のワンちゃんが2匹いて、楽しく過ごせそうなお家です。きれいな川が近くにあって、先輩ワンちゃんは毎日のように川で水遊びしてるから、フムスたちもワクチン終わったら一緒に連れて行ってもらえるね!



エルボは、視力は大丈夫になったけれど口蓋裂は手術しないと完治はしないので、治療費もかかることですし、今後の治療は里親さんに一任して、無償でお譲りしました。

検索すると口蓋裂があっても手術して元気に暮らしている子や、手術してもまた裂けてしまって再手術が必要になった子、手術しなくても長生きできている子…いろいろな実例を見ることができて参考になります。

エルボは、獣医さんにも、口蓋裂があると普通は大きくなれないんだけどここまでよく育ったね、と感心されました。生命力のある子だから、どんな治療を選択されるにしても、きっとパワフルに乗り切れると思います。オーナー様、末永くよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © ♡ラブリー・ドゥードル♡我が家で生まれたドゥードルたちの日記. all rights reserved.